東京メトロ南北線

Tokyo Metro Namboku Line

Platform Art Wall

営団地下鉄(現・東京メトロ)南北線は、日本で初めて地下鉄にホームドアが採用された。しかし、ホームで電車を待つ人々の閉塞感が高まることが心配された。そこで私達は、ホームの対向面にアートウォールというシステムを提案した。色彩豊かな連続した芸術的にスポンサードされた壁面である。地上部の上屋はパンタグラフをモチーフにして空中に浮かび、都市景観的に軽い存在感の屋根をもつ。

Platform Art Wall

The Namboku Line was the first example of in Japan where platform doors were adopted for use in subways. However, because the use of such doors creates a rather claustrophobic atmosphere on the platforms, we proposed a scheme for decorating the tunnel walls beyond the doors to try and alleviate this. Companies were asked to sponsor the production of richly colorful murals. For the station roof, a suspended train pantograph motif was used to create the image of a light cityscape.

名称 : 
東京メトロ南北線
用途 : 
地下鉄
竣工年 : 
1991年
所在地 : 
東京都
建築主 : 
帝都高速度交通営団(現・東京メトロ)
規模 : 
上屋50〜100m2、コンコース500〜1,000m2×6駅、ホーム600×6駅

Name : 
Tokyo Metro Namboku Line
Use : 
Subway
Date of Completion : 
1991
Address : 
Tokyo Pref.
Order owner : 
Teito Rapid Transit Authority(Current Tokyo Metro)

商環境デザイン賞奨励賞(1992年), ディスプレイデザイン賞入賞(1992年)

Commercial Environmental Design Award(1992), Display Design Award(1992)