関門海峡ミュージアム

Kaikyo Dramaship

海側のドラマシップと山側のレトロボックス

関門海峡の過去・現在・未来を紹介する観光拠点機能を持つ文化施設で、2つの立体的遊環構造で構成されている。海峡側は船をモチーフとしたガラスの建築「ドラマシップ」とし、門司港の未来を象徴している。内陸側は既存の歴史的建築との連続性を意識したアールデコ調のファサード「レトロボックス」とし、門司港の過去を象徴している。入館者は中央の巨大アトリウムの周囲を巡る展示空間を、海峡の歴史ドラマを体験しながら上部へと上がっていく。歴史展示は、国内第一級の人形作家の作品で歴史上のトピックが再現され、人形の博物館としても注目されている。

The "Dramaship" on the side of sea, and the "Retrobox" on the side of the mountain

This is a cultural facility that also is a tourist spot, which introduces the past, present and future of the Kanmon Straits. The outside of the building has a different image depending on which side is seen. The side facing the straits is “Dramaship”, a glass structure in the shape of a ship, and this characterizes the future of Moji port. The opposite land side is the “Retrobox”, with an art déco façade, it is a continuum of existing historical architecture, characterizing the past of Moji port.
Guests experience the drama of the history of the straits by viewing the exhibitions that surround the atrium.

名称 : 
関門海峡ミュージアム
用途 : 
博物館
竣工年 : 
2003年
所在地 : 
福岡県
建築主 : 
北九州市
構造 : 
S造
規模 : 
地上6階
敷地面積 : 
9,243.03㎡
延床面積 : 
9,898.08㎡

Name : 
Kaikyo Dramaship
Use : 
Museum
Date of Completion : 
2003
Address : 
Fukuoka Pref.
Order owner : 
Kita-kyushu City
Construction : 
S
Scale : 
6stories above ground
Site area : 
9,243.03m2
Total floor area : 
9,898.08m2

北九州市都市景観賞、ディスプレイ産業賞奨励賞

Kita-kyushu City Landscape Award, Nippon Display Federation Award